品川トリプルクラウン岩崎のブログ

風俗で働く女性、「風俗嬢」をあえて「キャスト」と呼ぶ意図と想い

こんにちは。

高級デリヘル品川トリプルクラウン
店長の岩崎です。

風俗の接客をする女性、
いわゆる「風俗嬢」

風俗の業界用語では
「コンパニオン」または「キャスト」
と呼ぶことが多いです。

当店では、知らない方に説明する時など
特別な場合を除いては
「キャスト」の語を意図的に用います。

キャスト。
元々は「配役」などの意で使われます。

これを「演じる人」という意味合いで
使っていることで最も有名なのは
「東京ディズニーランド」でしょう。

東京ディズニーランドでは
従業員全員を「キャスト」と呼びます。

(風俗業界では接客する女性のみを
「キャスト」と呼んでいます。)

これは、「夢の国」という非日常の世界を
お客様、「ゲスト」に提供するために、
単にアルバイトをしているのではなく、

その世界の住人を「演じている」
「キャスト」なのだという想いから
こんな呼び方をするそうです。

そんな世界観やホスピタリティ。
そういったものを大切にするから

東京ディズニーランドは
あれだけファンに愛され続けるのでしょう。

ちなみに、忙しい仕事にも関わらず
「キャスト」の満足度も高いようです。

当店でも、この世界観に近い想いで
お客様への価値提供を目指しています。

それゆえに「コンパニオン」よりも
「キャスト」という呼び方をします。

風俗は究極のところ虚構の世界。
お金を払って、サービスを受ける世界です。

どんな高級店であろうと
どれだけ真摯なサービスであろうと、
本物の「愛」ではありません。

(そこから本当の愛が生まれることも
ゼロではありませんが)

サービスを受けるお客様も
それは百も承知の話です。

それでも、そんな大前提を
サービスを受けている時間だけでも
忘れさせてくれる

二人きりの時間に、
夢の中でも幸せを演出してくれる

そんな「キャスト」に価値を感じ
お客様はお金を支払うのです。

風俗嬢、コンパニオン、キャスト
呼び方が違うだけで、
サービスの内容は同じです。

中には「風俗嬢」「コンパニオン」
が風俗業界を連想させるからと

イメージだけで「キャスト」を
使っているお店もあるかもしれません。

当店では「キャスト」を
お客様の夢、非日常を演出する
「役者さん」の意で使っています。

といっても、これは私の個人的な
想いにすぎません。

言葉の意味を特に感じなくても
お客様に価値を提供できていれば
何も言うことはありません。

ただ、もしこんな想いに共感し、
業界への印象が変わったり、
サービスへの意識が変わったり

そんなことを感じてくださる方が
1人でもいれば嬉しいと思い、
ブログに綴ってみました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
完全会員制 品川 高級デリヘル
『トリプルクラウン』
岩崎 健二
超リアルな報酬実例はコチラ

LINE ID
tcrown2015

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。